シャツを上手に着こなす方法

多くの方が身につける服といえば、Tシャツとシャツが代表的ではないでしょか。

今回はシャツの上手な着こなし方についてです。
着こなし方によってシャツの見え方を調整することができるため、おしゃれを目指す方は必見の着こなし方です。

普通に来た状態でも様々なスタイルに変化させることができるのがシャツの魅力の1つです。

例えばボタンの止め方。
すべて止めれば知的で清楚なイメージを与えることができますし、すべて開けてもカジュアルなイメージを与えることができたり、ロックなイメージを与えることできます。
また、ボタンを数個留める形をとれば、ボタンの数に応じてワイルドな状態を演出できます。
もちろん、ウエストラインが気になる方は隠す効果もありますのでとても効果てきです。

次に身につける部分。
上半身が基本ですが、腰巻きという利用の仕方もあります。
腰巻きにすることでワンポイントになったり、アイポイントになったり、差し色になったりするため、おしゃれには非常に効果的です。

また、INをする着こなし方と外に出す通常の着こなし方でも差別化が図れます。

このような様々な着こなし方にシャツの種類が加わったり、デザインが加わるとそのバリエーションは無限大になります。

たくさんのシャツを着て、シャツの着こなしをマスターしていきましょう。

Write a Reply or Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です